逆襲!『スターダストクルセイダース 第20話「死神13」』レビュー

みなさん、こんにちは。アキトです。
さて、前回の更新から1ヶ月以上たっております。
…みなさん、呆れ果てておるところでしょう。
ですが、MacBook Proに加えて、新たな武器を手に入れましたので、アキトもパワーアップ!でございます。
詳細はまた、別にお伝えしますが、まずはブログ更新からということで。
今回は、デスサーティーン編後半です。
それでは、さっそくいってみましょう!!

献立表は以下です。
①錯乱!?花京院!!
②迫る!デスサーティーン!!
③花京院、赤ん坊にお仕置き

①錯乱!?花京院!!
前回、自分の腕の傷から赤ん坊がスタンド使いではとの疑念を持ち始めた花京院くんです。
その様子に旅の疲れを見て、心配する他の3人でございました。
ジョセフ爺は呑気にベビーフードをこしらえ、味見したポルナレフは思わず「美味い!」とほおばり始めてしまいます…あいかわらずですな(泣)
その様子に、腹減ってんだよ!と、怒り心頭の赤ん坊!
しかし、気づくとベビーかごのふちにサソリが!!
近づくそれを、ピンで串刺しにする赤ん坊でしたが、なんと、それを目にしていた花京院くんなのです。


驚愕の光景に確信する花京院くん

その様子をジョセフ爺、ポルナレフに話し、サソリの死骸を探す花京院くん。
しかし、それは見つからず、疲れてるから明日話そうと…。
ジョセフ爺はこしらえたベビーフードをフーフーして食べさせようとしますが、いまは食えないわけがあるんだよ!と嫌がる赤ちゃん。
割って入り、自分は赤ん坊がスタンド使いと確信したと。そして腕に自ら切りつけたあの「baby stand」の傷を皆に見せるのでした。


んー、これは逆にまずい…確かに

しかし、疲れからの自傷行為と引いてしまうジョセフ爺たち。
赤ん坊は、それだとあほと思われるぜと…
こうなったら強硬手段!と、ハイエロファントグリーンを出して赤ん坊を攻撃しようとする花京院くん!!
ポルナレフは、とっさにシルバーチャリオッツを放ち、当身!


不必要な時に機敏なポルナレフ…

花京院くんはスタンドを出したまま気絶してしまうのでした…
赤ん坊はというと、口の中に隠していたサソリの死骸を吐き出して、眠りにつく一同にニヤリ…なのでした。

②迫る!デスサーティーン!!
静かに眠りにつく承太郎たち3人。悪夢が始まるとも知らず…
夢の中で…目覚めますわなあ、ポルナレフたち!
はっ!として、花京院の言ったことは本当だと、ジョセフ爺、承太郎に警告を発するポルナレフなのでした(…遅い!
花京院はどこに?と探しに走り出すポルナレフでしたが、髪の毛どしたの?とジョセフ爺。
自分の髪型が異常に伸びていることに気づくと、それが周りに絡みつき始めるのです。
そして、承太郎は学ランの襟につけたチェーンが自分を絡み付け、ジョセフ爺は義手が異常に巨大化!
とうとう3人とも、身動きが取れなくなってしまうのでした。

そこにゆっくりと現れるデスサーティーン!
敵だ!とばかりに、スタープラチナを放つ承太郎!!
不思議に思うポルナレフでしたが、それも当然。ですが、スタープラチナ、デスサーティーンが繰り出した偽物なのでした。

大鎌を手に、眠りという無防備な精神を支配下においているために、貴様らはスタンドは出せない。そして、スタンドでしかスタンドは倒せない。そう、だから必ず、自分は勝つのだと自慢げにのたまうデスサーティーンなのです!!…くう~、憎たらしい(泣)
と、背後からデスサーティーンに近づき、首をしめあげる…ハイエロファントグリーン!!


ついに逆襲、開始!!

そうです!花京院くん、当身で意識を失う瞬間、ハイエロファントグリーンを放ってました!!
ポルナレフたち3人は、花京院くんに謝りますが、この方法を思いついたのも、当身を当てられる瞬間だったよとポルナレフに逆に例を言う花京院くんです。紳士です。
狂ったように鎌を振るうデスサーティーン!そして、なんと、自らの胴体ごとハイエロファントグリーンをぶった切るのです。
俺の実態は胴体は空洞だと笑うデスサーティーンでしたが、花京院くんも負けてません。
ひも状にハイエロファントグリーンを変化させており、デスサーティーン内部に入り込んでいたのでした!!
中から、傷くらい消せるでしょ!と、でないと中から破裂させちゃうよと脅す花京院くん。


いくらスタンド使いとはいえ、赤ん坊にこれは恐怖!!

は、はいと大人しく従うデスサーティーンなのでした。

③花京院、赤ん坊にお仕置き
無事、眠りから覚める一同なのでした…花京院くんのおかげで。
しかし、皆覚えてません。
花京院くん、赤ん坊に近づき、赤ちゃんだから再起不能にしたりはしないけど、2度と僕らの前に現れるなよ!と、釘をさします。
そして、でないとこうだぞと…ベビーフードに赤ちゃん自らの「うんち」を混ぜ込むのでした(笑)


いくらスタンド使いとはいえ、赤ん坊にこれは恐怖!!

ジョセフ爺、ポルナレフは二人して懸命にベビーフードを食べさせまする。
やっと、ごっくんする赤ん坊でしたが…美味しかったでしょうか?


ご馳走!!…なのかな?

笑顔で、チャンチャンのオチをつける花京院くんでした。

最後に、紅海を渡りエジプトに向か…わない一行。?
ジョセフ爺によると、島に寄って会わせたい旅に必要な人物がいると。
いったい、どなたでしょうか?
次回、衝撃の展開です!!乞うご期待!!!

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お気に召した方は下のユーザー登録をどうぞ!

ライティングのお仕事の依頼はこちらまで。
[email protected]
クラウドワークス経由でのお仕事もお待ちしております。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です