哀しき再会『機動武闘伝Gガンダム 第11話「雨の再会・・・フォーリング・レイン」レビュー』

みなさん、こんにちは。アキトでございます。
1月に更新して以来、ようやくのことで新しい記事を上げることができました。

(いないとは思いますが・・・)楽しみにお待ちしていただいた方、本当に申し訳ございません。
再出発の気持ちで、更新がんばっていきますね!

それでは、本日は『機動武闘伝Gガンダム』第11話のレビューでございます。


本日のお相手、ミナレットガンダム!

献立はこちら!

①レイン、セイトとの再会
②DG細胞に侵されたセイト
③ミナレットガンダムVSシャイニングガンダム、Gファイト!

①話は飛んで、今回はトルコでのお話であります。
雨の中、レインさんとの待ち合わせ場所に急ぐドモン兄い。
一方、ドモン兄いを待つレインさんは、倒れる人影に駆け寄りますが・・・大学の同級生であったセイトさんでございました!


・・・雨の再会

ホテルの一室で、セイトさんの看病に努めるレインさん。ドモン兄いはレインさんの同級生だったことから邪魔するのもねー、と部屋を後にしようとしますが、セイトさんの上着からガンダムスタートキーと拳銃を発見するのでした
一方、看病を続けるレインさんは、セイトさんの上腕にあの、DG細胞をみつけてしまうのです!!


ホゲゲ!!DG細胞!!

父のDG細胞の自己増殖理論を思い出し、恐怖するレインさん!
自分の変調は、そのせいだとほんのりわかっているのでしょうか、このことを秘密にしておいて欲しいと懇願するせいトさん。そして、レインさんと待ち合わせていたあの、雨の日以来、レインさんと会えなくなった失意を彼女に伝えるのでした。

そのやりとりの最中、街中の廃材置き場で、ミナレットガンダムを発見するドモン兄い!

つかの間、二人の想いが交錯する一室でしたが、セイトさんは発作に襲われ、レインさんの首を絞める強攻に!


レインさんが、危ない!!

②落下した医療器具の音で正気に戻ったセイトさんは、レインに見捨てないで欲しいと懇願するのでした。
そこに戻ってきたドモン兄いは、セイトさんがDG細胞に侵されていたことを知ります。もちろん、ドモン兄いとしては、デビルガンダムのことを聞き出そうと熱が入るのでございますが!


ついに、ドモン兄いも知ることに!

でもでも、レインさん、それを押しとどめます。「医者として」止めたとのレインさんに、「医者としてだけか・・・?」
去っていくドモン兄い。

ここにいたり、ガンダムファイターになったこと、デビルガンダムとの出会い、それ以来コクピットで意識を失っては、街を破壊してしまっていたことをセイトさんは語ります。そして、このことを知った時、彼はガンダムを隠し、逃げ回っていたのですと・・・

軍の動きを見て、部屋に戻ってくるドモン兄い。「軍に見つかったようだ・・・」

③こと、ここに至ってセイトさんも腹をくくったのでしょうか、囮になって逃げ出し、軍を引きつけます。コクピットに登場するセイトさんですが、襲ってくるDG細胞!!自我を失い、ミナレットガンダムは街を破壊してしまいます!


セイトさんに襲いかかる、DG細胞!!

Gファイトで、デビルガンダムに迫ろうとするドモン兄い!彼を助けて欲しいと制止するレインさん!

以下、Gファイト、ご覧ください!

苦戦しますが、なんとか勝利するドモン兄い!
おまけに、DG細胞を駆除して、セイトさんも無事でした。・・・デビルガンダムの情報を渡したくなかっただけと・・・んー、不器用ですが、男気に溢れるドモン兄いでした。

今回は、少し切ないエピソードで、あんましコミカルな味はございませんでしたが、ホットなGガンダムでも、時にはこんなお話もいいですね!

次回以降、ストーリーが急展開いたしますぞ!
(してないと思うけど)期待しててね!!

コメント

  1. adidas nmd より:

    I definitely wanted to develop a quick comment to thank you for some of the wonderful facts you are placing on this website. My long internet research has at the end of the day been recognized with beneficial content to talk about with my contacts. I would suppose that we visitors actually are very much fortunate to be in a useful network with many perfect professionals with great methods. I feel very much happy to have used your website page and look forward to tons of more pleasurable minutes reading here. Thanks again for everything.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です